◇全レースPDF版指数付出馬表をnoteで販売中◇

ジャパンカップ2019予想-穴馬候補の考察

日曜日の国内最高賞金のレースG1ジャパンカップの穴馬候補の考察を投稿します。上位人気と目される馬がどうもパッとしないので荒れる可能性はあるかも。

ジナンボー
前走の新潟記念はタイム差なしの二着で指数は87とかなりの高評価。それ以前は4走前で79が出ているのですが、不良馬場だったり酷いがっかりなレースだったりで参考にしづらいところ。ただしそのタイム差なしの前走の勝馬のユーキャンスマイルが一番人気にもなろうかというのにこちらは50倍以上の予想オッズでなんとも魅惑的。戦績を見るとつかみどころのないムラ馬という印象だけに一発がないものか。

ダイワキャグニー
こちらはもう本当にえらいこっちゃの大穴で予想オッズでは単勝300倍以上。指数的には前走と三走前で80以上が出ていて決して侮れないレベルです。府中は7勝と頗る得意ですからあっと言わせる可能性はないものか。石橋脩はエリ女で外人騎手に乗り替わられた途端に勝たれてさぞかし悔しい思いをしているでしょうし応援したくなるところです。

ラヴズオンリーユー
休み明けの前走は古馬牝馬の壁に阻まれて初めての敗戦で3着。指数的にみると春からずっと80弱は出ていて勝てるほどではないが馬券圏内ならという値です。ただし3歳馬で成長途上とすれば休み明けをたたいて一気に指数を上げてくる可能性もあるのでは?
意外なことは予想オッズでは同じ三歳牝馬のカレンブーケドールが10倍弱なのに対してこちらは30倍弱。クロノジェネシスを物差しにしてもそんなはずはないと思うのですが、本当にこの人気なら妙味は断然こちらでは。
……
ってここまで書いてから気づいたのですが回避なんですね…