高松宮記念2020予想-展開と馬場から

今日の中京短距離G1高松宮記念の展開と馬場から考察を投稿します。中京地区の今朝までの雨の様子が気になり昨晩は投稿できませんでした。

展開から

逃げるのはモズスーパーフレア。この馬は行くしかないということで。ナックビーナスは番手でも競馬ができる馬なのでその後ろに控えるではなかろうかと思います。人気どころは基本差し馬で6ハロンG1でありがちな超ハイペースということはならないのでは。とはいえスローというわけにはならず、G1にしてはそれほど速くないペースくらいを予想します。

馬場から

土曜日中京の芝のレースをみると基本先行有利。逃げ馬も二連対といったところ。暫定馬場差は-0.4秒と意外と速いという印象。
とはいえ昨晩から30mmほど雨が降り現時点での馬場は不良。午後から晴れる予報なのですがよくて重くらいか。道悪適性は考慮せざるを得ません。

考察

ここまで馬場が悪くなると道悪得意そうな先行馬の一発に期待したくなるところ。わかりやすいのはセイウンコウセイで7歳および近走の着順の割に意外と売れている気もします。同様に気になるのがナックビーナス。先行するダイワメジャー産駒というのが根拠ですが、この馬自身の道悪実績はあまりありません。モズスーパーフレアにしても外すわけにはいかなそう。
人気どころについてはタワーオブロンドン、ダノンスマッシュともに稍重までならこなしていますが、今日ほど悪い馬場では次元が違うか。グランアレグリアは良馬場でしか走っていないのでまるでわかりません。
あまり自信はありませんが人気馬×道悪得意そうな先行馬の掛け合わせで買うのが妙味もあり面白いかと考えています。

スポンサーリンク