◇全レースPDF版指数付出馬表をnoteで販売中◇

阪神大賞典2020予想-展開と馬場から

明日阪神の名物長距離G2天皇賞春の前哨戦阪神大賞典の展開と馬場からの考察を投稿します。実績断然のキセキが人気を集めています。

展開から

逃げるのはキセキか?ほかの今回の出走馬は逃げ馬どころか先行馬もほぼいないというメンバー。通過順の数字を見ても二桁が目につくばかりでキセキが控えたら何が逃げるか想像もつきません。キセキ自体は逃げるときは比較的速めのペースで逃げていているので、ペースは平均やや速めくらいになると予想します。

馬場から

土曜日阪神の芝のレースをみると普通に先行有利。逃げ馬も半数のレース(といっても二つ)で連対しています。暫定馬場差は-0.4秒で良馬場だけに相応に速いです。少し気になるのが天気で明日の午後は雨が降りそう。とはいえ、1mm程度で良のままレースに至るはず。

考察

キセキが売れているのも展開の利をみてのものか。普通に考えるとマイペースで逃げてそのまま押し切ってしまう可能性が高そう。なにしろ天下の菊花賞馬ですから…その菊花賞も不良馬場のもので雨が降っても後押し材料にしかなりません。
上記分析でも逆らう条件はなく相手探しでよさそう。筆頭は当然ユーキャンスマイルとうことになるのですが、長距離得意そうな先行する伏兵馬に気を付けたいところ。連勝中のボスジラは騎手も前づけできそうなところもいいですが、ペースが速めだとこの距離は不安。
それであればドレッドノータスとかどうでしょう?近二走が指数が低いので平均すると目立ちませんが、昨秋は高い指数が出ていました。