金鯱賞2020予想-展開と馬場から

今日中京の古馬G2大阪杯の前哨戦となる金鯱賞の展開と馬場からの考察を投稿します。人気はサートゥルナーリアで断然。この馬、左回りがダメなの?府中がダメなの?

展開から

逃げるのは近走逃げているダイワキャグニーでよさそう。この馬は生粋の逃げ馬ではないので競る馬もいないこのレースではそんなに速いペースでは逃げないでしょう。スローペースを予想します。ただしサートゥルナーリアも決して後ろに必ずいる馬ではなく、このメンバーでこの枠なら前づけするのでは。決して逃げ馬があれよあれよという展開になるわけではなさそう。

馬場から

土曜日中京の芝のレースをみると準メインで逃げ馬が勝っていたりしますが基本差し有利というみかたでよさそう。暫定馬場差は+0.2秒。重馬場にしては意外と速いという印象。帽子の色はまんべん無いのですがなぜか緑が一頭も馬券になっていません。
朝の時点での馬場は稍重。今日の中部地区は基本晴れ予報ですが気温が低く良まで回復するかは微妙では。

考察

このメンバーではやはりサートゥルナーリア断然か。左回りが苦手だとしても早め先頭で突き抜けるのでは。馬場が良まで回復すれば殊更か。
上記考察からイメージに合うのはスローで決め手のある差し馬か。ディープ産駒のサトノガーネット、ギベオンあたりどうでしょう?

スポンサーリンク