桜花賞2020予想-展開と馬場から

今日のG1桜花賞の展開と馬場からの考察を投稿します。オッズはレシステンシアとデアリングタクトが売れているもののかなり割れている印象です。

展開から

スマイルカナが内から逃げ宣言をしています。レシステンシアも前走はためて逃げてキレ負けしたところをみると積極的に追走、ペースを落とせば自ら早めに先頭に立ち速い流れを演出しにかかるのでは。ハイペース必至で場合によっては超ハイペースになる可能性も充分ではないか。

馬場から

昨日土曜日の阪神芝のレースをみると基本先行有利ということでよさそう。ただしメインの重賞はペースが速めだったこともあり差し追い込みで決まっています。暫定馬場差は-0.1秒と先週より少しかかっているという印象です。
問題は今日の天気で関西は先ほどから降り始めていますが予報ではレースまでに10mmほど降りそう。稍重くらいにはなるでしょうが、ずぶずぶの不良まではならず多めに降っても重くらいで済みそうに考えています。

考察

馬場的にあ先行有利ですが、ハイペースを鑑みて差し追い込み馬を買いたいところ。馬場が渋ることを思うと中途半端な先行馬や距離的に怪しい馬は一円も買わないくらいがいいかも。
デアリングタクトが思った以上に人気になっているのも
レシステンシアはハイペースのほうがいいとはいえ超の付くレベルになるとどうなるか。ただしダイワメジャー産駒の500kg弱の馬体は馬場が渋るのはいい方向に働きそう。あっさりがあってもいいかも。
リアアメリアは今日もそこそこ売れていますが厳しいのでは。根拠となっている二走前はスローの瞬発力勝負でのものでディープ産駒得意の流れには今日もならなそう。

note
◇全レースPDF版指数付出馬表をnoteで販売中◇
競馬新聞並みの情報量/ペース馬場差など独自情報も
☆重賞分は無料!☆サンプル↓
スポンサーリンク