朝日杯フューチュリティステークス2018予想-展開と馬場から

明日の阪神二歳G1朝日杯フューチュリティステークスの展開と馬場からの考察を投稿します。今年の秋は牝馬の活躍が目立ちますが、今週も牝馬が一倍台の人気になっています。

展開から

二歳のこの距離の重賞にしては逃げ馬がいません。イッツクールが逃げるのではないかと思うのですが、あまりペースは速くならないのでは。
人気どころはどれも先行馬でもしかすると後半は厳しくなるかもしれません。

馬場から

土曜日の阪神芝のレースを見ると完全に先行有利に見えた先週よりは差し馬も活躍しているように思えます。ただし、先週にしてもG1では後方の馬二頭で決まったわけで力差があれば充分差しきれるのでしょう。
暫定馬場差は+0.1秒と計算されて極めて速かった開幕週からどんどん時計のかかる馬場になってきています。
非常に気になるのは明日の天気ですが雨は夕方からのようでレースまでは何とか持ちそうです。降るにしても馬場に影響のあるような大雨が突然ということはなさそう。

考察

二戦しかしていないこと以外に死角のみあたらないグランアレグリアですが、前半の緩いペースで折り合わない可能性はないか?また内枠だけに前走のように出遅れたりすると出る場所がなくなるようなことはないか?いずれも重箱の隅をつついているようなものかもしれません。
展開からも馬場からも先行有利とみますが、超人気馬を出し抜こうと早めスパートに賭ける馬がでてきたりして後半厳しくなったりすると差し馬が台頭する可能性もあります。ヒモ穴をねらうとしたら無欲の差し馬か。指数高めのところからではドゴールとかどうでしょう。前走の結果はとても逆転できるとも思いませんが先行馬がバテたところを漁夫の利的に馬券圏内なんてパターンで…

確定版指数付出馬表はこちら

スポンサーリンク