有馬記念2018予想-有力馬の考察

暮れの大一番中山のG1有馬記念の有力馬の考察を投稿します。枠順確定は明日ですが集草予定馬の中から5頭挙げます。

レイデオロ
指数は平均的に高く、内外違うとはいえ二走前同じ中山のオールカマーを指数81で勝っているのは安心材料か。やはり軸としては無難であることは間違いなさそう。
不安点は馬場か。週末の関東地方は雨予報でそれほど降らないとは思うのですがどうなるか?あとこの厩舎のポリトラックでの調教に疑問アリといわれているのですが、そこらへんの話は管理人にはわからないです。

キセキ
超絶レコードを演出した前走は0.3秒差の2着でも指数86と破格の数字。これにけん引されて加重平均指数もトップです。
不安点はこの反動ということで秋三走して前走これだけ走ってしまうとやはり心配です。スタミナがあるということで、逃げなかったとしても今回も早め早めで競馬をすると思うのですが、最後に失速しないものか。

シュヴァルグラン
この馬昨年のJCを勝ったことで少し過大評価をされている印象を持っています。指数は高値安定ですが、勝ち切れるようなものではなくよくても掲示板の下のほうか。馬連などで買うのだったら切ってしまうのも一考か。

モズカッチャン
こちらは完全に指数不足。前走もあまりいいメンバーではなかったと思います。順調ではなかったとのことで今回は上げてきそうですがそれでも足りないと考えます。
もともとは牝馬には厳しいレースでダイワスカーレットとかジェンティルドンナとかの化け物級でないと厳しいと思うのでこちらは基本買わないつもりです。

ブラストワンピース
二走前の新潟記念で古馬を一蹴し指数も84と高評価。加重平均にしても82でレイデオロを上回るほどです。ただし、ローカルでの指数でもあり菊花賞などもう一つ参考にしづらい指数でのものなので扱いが難しいところ。
注目は3月の毎日杯で指数79が出ているところ。3歳春でこのレベルであれば充分力はあるはず。三歳馬はクラッシック勝ち馬でないとこのレースは厳しいというデータもあるそうですが、シルクジャスティスなんて馬もいましたので(古過ぎか…)

指数上位
・キセキ 83
・ブラストワンピース 82
・レイデオロ 81
・サトノダイヤモンド 80
・サクラアンプルール 78
・シュヴァルグラン 78
・ハッピーグリン 78
・パフォーマプロミス 78

スポンサーリンク