◇全レースPDF版指数付出馬表をnoteで販売中◇

安田記念2020予想-展開と馬場から

今日府中の春のマイルG1安田記念の展開と馬場からの考察を投稿します。展開も馬場も関係なく軸は不動という気はします。

展開から

逃げそうな馬が数頭いますが、大外ですがダノンスマッシュかセイウンコウセイではないか。ミスターメロディが逃げたいといっているなんて話もありますね。どれが逃げるにしても距離延長組でスローに落とすことが予想されます。ペースは前半は遅くなりそう。とはいえダノンキングリーあたりはキレ勝負では分の悪い先行馬もいて後半は相応に速くなるのでは。アーモンドアイの後ろにいては勝てそうにないという騎手の意識も働きそう。

馬場から

土曜日府中の芝のレースをみると府中らしく追い込み馬が来ていますが先行馬が全然来ていないというほどでもない様子。暫定馬場差は-0.4秒で先週より速いくらいです。
しかし昨晩降った雨は夕方ゲリラ豪雨の様相で降水量は60mm以上とか(アメダス参照)。公式発表は今朝時点で重馬場です。これから晴れて暑くなるわけですがどこまで乾くか。レースの時間には稍重にはなるでしょうが良となるとどうか?今日の8R/9Rの状況を確認してから考えたいところ。

考察

馬場が乾いていく段階は内側から走りやすくなり有利になるといわれています。それが本当ならダノンキングリーあたりは一番恵まれるということになりそう。
スロー予想とはいえ逃げ馬がまんまとという展開にはならないと考えます。穴は先行馬からという意見が多いようですが案外に追い込み馬が3着くらいに突っ込んでくる可能性を指摘しておきます。意外とアーモンドアイも前目につけるような気もします。ただしそれは馬場が乾ききって外の不利が解消したという前提です。具体名を挙げるとケイアイノーテックやノームコア。特に後者はヨコテンの内差しとかどうでしょう?でも内あくかな?どん詰まりになったりして…