天皇賞春2020予想-有力馬の考察

今日京都の長距離G1天皇賞(春)の有力馬の考察を投稿します。本命はフィエールマンで仕方ないと思いますが人気順に4頭挙げます。

フィエールマン
指数的には抜けていて一番人気といえど逆らうわけにはいかず軸としては決まりです。不安要素としては大外と休み明けということになりますが、14頭でこのコースならそれほど不利ではなく休み明けにも実績があるので少なくとも連までは来てくれるのでは。前走の有馬記念も速いペースを早め進出のスタミナを活かした走りで4着も好内容でやはり実力があると思います。

ユーキャンスマイル
前走の阪神大賞典はサウスポー疑惑を払拭する走りで勝利。ただし指数はそれほどでもないです。引き続き王道のローテーションなので買わないわけにはいかないですが妙味的に大本線にはしたくないところ。
また菊花賞、昨年の天皇賞春とフィエールマンに負けていて勝負付けは済んでいるすればこの馬アタマで買う必要はないのでは。

キセキ
前走は出遅れのあとやや暴走気味に先行して末をなくすという不安すぎる内容。騎手がレジェンドになって折り合いは大丈夫という声もありますが人気馬の中で切るとしたらこれか。ポンとでて逃げてしまったりするとやたらと強かったりしてつかみどころのない馬なのでなんとも扱いに困ります。結論は出ていません…

ミッキースワロー
指数的にも着順的にも高値安定で人気的にも妙味があり相手としては厚くおさえたいところ。
京都は[0,0,0,2]ですが三歳時の京都新聞杯と菊花賞で大きく負けているわけでもないので…日経賞からのローテーションもそれほどいいとも思えないなどオッズ相応の不安点はあります。
あと鞍上が大ベテランの勝負師だけに本命馬を負かしに行って馬券外になるというのがちょっと不安か。

スポンサーリンク