◇全レースPDF版指数付出馬表をnoteで販売中◇

天皇賞春2019予想-展開と馬場から

明日の古馬長距離G1天皇賞春の展開と馬場からの考察を投稿します。前日オッズはおおむね予想通りでしたが単勝一番人気はフィエールマンでしたね。

展開から

逃げるのはヴォージュかメイショウテッコンと思います。大方後者と予想されていると思いますが万葉Sを逃げっ切った前者の可能性も充分か。いずれにせよ競ることはないと思いますがスローに落とすことも考えづらいので平均くらいではないか。

馬場から

土曜日は開催がなかったので先週の傾向になります。馬場差は土曜-0.4秒、日曜-0.5秒で正月の開催よりかなり速い状況でした。傾向としては差し馬有利で追い込み馬も充分届いていました。例外は重賞のマイラーズCでこれは超スローだったのであくまで例外か。
今週どうなるかは予測しづらいですが、昨日今日の雨で稍重でしたが今見たらすでに良のようです。明日は気温も上りより乾きそうでそこそこ速くなるのでは。

考察

馬場が渋るならフィエールマンよりエタリオウかと思っていたのですが事情は変わったようです。前々日オッズでは一番人気はエタリオウだったと思うのですが考えることはみな同じか?
逃げに関してですがロードヴァンドールかもしれません。横典の今日の青葉賞の逃げは見事でした。4歳馬が人気を集めた年の天皇賞春といえば2004年のことが連想されるそうなのですが、その時の勝馬は5歳馬イングランディーレ。そしてヤネは横典でしたね。指数も結構高いのでおやっと思いましたがまさかなー

確定版指数付出馬表はこちら