大阪杯2020予想-展開と馬場から

明日阪神の中距離G1大阪杯の展開と馬場からの考察を投稿します。一番人気は予想通りダノンキングリーですが、人気馬との差は少なく混戦です。

展開から

生粋の逃げ馬はいません。近走で逃げたことがある馬という視点だとジナンボーということになります。この馬一応4走前準オープンを不良馬場の府中で逃げ切っているので今回も逃げるかもしれませんが、外のほうの枠なのでゲートが悪かったら逃げないか。いずれにせよペースは遅そう。

馬場から

土曜日阪神の芝のレースをみると基本先行有利なのですが、なぜか3レースしかないのでもう一つ信頼性に乏しいか。暫定馬場差は-0.2秒と計算されています。馬場が渋っていた先週よりは当然速いですが、二週前ほど速くはないので開催が進んで多少馬場が痛んできているのかもしれません。明日の天気は晴れ予報で道悪を考慮する必要はなさそうです。

考察

展開からも馬場からも先行有利ということになりそう。人気どころからは前づけできそうなラッキーライラックが軸には無難と思うのですが、土曜日も重賞で一番人気を飛ばした鞍上がちょっと不安。一番人気のダノンキングリーは意外と速めのペースのレースで好走していると思っていてあまりスローだと「キレ負け」しないものか?
先日の穴馬候補でも挙げましたが逃げるかもしれないジナンボーはちょっとでいいから買いたいと思っています。

スポンサーリンク