京都記念2020予想-展開と馬場から

明日京都のG2京都記念の展開と馬場からの考察を投稿します。クラージュゲリエ取り消してしまってオッズは三強状態になっていますがとてもその三頭では決まらなそう。

展開から

出走馬の近5走の通過順に「1」の数字はほとんどなく何が逃げるかは想像つきません。うちの枠に入ったしプリンスオブペスカかな?いずれにせよスローになるのは間違いなさそう。

馬場から

土曜日京都の芝のレースをみると意外と先行馬が健闘しているという印象。もっとも4レースしかないうえに少頭数のレースも多く基本は先週前のように差し有利くらいに思っていたほうがいいのかも。暫定馬場差は+0.6秒と計算されて、稍重ということもあり先週よりかかっています。
問題は天気で今のところの予報をみるとレースまでに20mmくらい降りそう。重にはなるのでは?不良までいくか?と考えています。

考察

馬場的には微妙ですが、軸にするには道悪得意な先行する馬ということでいいのでは。とするとやっぱりステイフーリッシュか?とはいえこの馬、重、不良で走ったことはなく道悪得意の根拠はステイゴールド産駒と前走稍重で好走したというだけ。前年2着馬だし人気の牝馬二頭はどうも信頼感に乏しく軸というならという感じです。
ちょっと気になるのがノーブルマーズ。近走の着順は掲示板がやっとという感じですが、指数は平均的に高いですし馬場は合いそう。

スポンサーリンク