京成杯2019予想-展開と馬場から

今日の中山三歳限定G3京成杯の展開と馬場からの考察を投稿します。前走葉牡丹賞の連対馬を高く評価するのですがどうなるか?

展開から

逃げ馬いません。逃げるとしたらカテドラルですかねぇ?三歳になりたての馬たちには酷な距離ではあるのでスローペースにはなることでしょう。
有力馬も差し馬が多く、折り合いに専念という感じになると思うので道中もペースが乱れることもなさそう。ただし若駒だけに引っかかる馬には注意です。

馬場から

土曜日曜の中山の芝のレースをみるとやや差し有利という印象。土曜日は逃げ馬がに連対していますが共にスローペースでのもので展開次第では逃げも残るか。
暫定馬場差は土日ともに+0.1秒と計算されました。前の週が-0.1秒でしたのでやや時計がかかるようになってきたようです。
月曜日の中山周辺の天気は晴れで道悪を考慮する必要はなさそうです。

考察

このレースで指数が高いのが前走葉牡丹賞のシークレットランとランフォザローゼスなのですが、このレース前半-0.1秒のそこそこ流れたペースでしたのでスローとなれば先行できる後者の逆転があるとみて軸をランフォザローゼスに置こうと今のところ考えています。
すごく気になるのがカテドラル。前走はハイペースでいいところがありませんでしたが今回はスローで逃げれば前々走の再現になるか。調教もいいみたいですし人気の下がった今回が美味しいかも。

確定版指数付出馬表はこちら

スポンサーリンク