ヴィクトリアマイル2019予想-有力馬の考察

日曜日府中のマイルG1二戦目ヴィクトリアマイルの有力馬の考察を投稿します。思った以上に人気は割れているようです。予想オッズの上位5頭を挙げます。

ラッキーライラック
前走は完全に行くところがなくなり脚を余しての8着。ただし前々走は極めて強いメンバーのなか指数85で二着と実力はこの中でも最も高いとみています。
ここは一番人気間違いなしと予想していたのですが、今のところのnetkeiba予想オッズでは単勝4倍以上。まさかこんなにつかないと思うのですが、3倍つくなら単で勝負したいと思わされます。

アエロリット
昨年のこのレースは4着ですが、その後の安田記念で二着、秋の毎日王冠では牡馬相手に勝ち指数も80以上を三連発と力量的には間違いなさそう。3歳時には同距離同コースのG1/NHKマイルカップで勝利とコース適性も充分ですが、案外に牝馬限定戦で苦戦しています。
ただし近二走は二桁着順の上に前走のアメリカ遠征からの初戦でここでこの人気なら嫌ってみるほうがいいかと考えています。ラッキーライラックから買おうとするならこの馬を勝っては馬券として成立しないという事情もあります。

レッドオルガ
予想オッズでは5倍ちょっとの三番人気ですが、加重平均指数的にも上位とはいえどうも人気先行と思わされる馬です。前々走の東京新聞杯は同距離同コースで指数82の二着とこれは確かに評価できます。このコース[2,1,2,0]と大得意でかなりの良血であることが人気の理由と思うのですが、重賞の実績としてはG3二着のみで格的に厳しくこのお値段ではあまり買いたい意欲は沸きません。

ミッキーチャーム
こちらは逆に前哨戦を勝った割にはそれほど人気になっていないという印象。指数的には80以上がなく勝ち切るほどの力はないが連複の相手としては押さえたほうがいいというタイプか。
今回は逃げ馬がいないのでこの馬がいくかもしれません。展開的には恵まれるかもしれませんが、先週の府中は完全な差し有利で、馬場的には厳しいかもしれません。

プリモシーン
こちらもG3での実績はあるもののG1となるとどうかというタイプ。前走の中山のマイルG3は牡馬に混じっての二着で指数82と評価できるものです。府中に替わっていかにもよさそうですが、どうしても掲示板の下のほうで収まってしまいそうな気がしています。
ちょっと穴っぽいところで買いたい馬がいるのでそれらと比較すると食指が伸びないというのが本音です。

スポンサーリンク