マイルチャンピオンシップ2019予想-展開と馬場から

明日京都のG1マイルチャンピオンシップの展開と馬場からの考察を投稿します。前日オッズでは三強の様相ですね。さすがにその三頭で決まるとは思えませんが…

展開から

逃げ馬いません。通過順に「1」という数字はほとんどなく何が逃げるか見当つきません。内に入ったグァンチャーレかな?いずれにせよペースは遅そう。とはいえG1ですから酷いスローにはならないとは思いますが平均やや遅めくらいで考えておけばいいか。

馬場から

土曜日の京都芝のレースを見ると完全に差し優勢になっているとみます。逃げ馬が一勝していますが、かなりの後方から追い込んで連対した馬が3頭もいます。帽子の色はそれほど偏りはないですが、白と黒はほとんど馬券になっていないような…暫定馬場差は+0.2秒で先週から若干時計がかかっていました。

考察

ダノンキングリーは最内に入って軸かなと思っていたですが思ったほどよくないような。この状況だったらダノンプレミアムのほうが中段くらいから差してきそうに思えてきています。桃の帽子が活躍しているのでダイアトニックも面白そう。
穴をあけるとしたら追込みか。カテドラル、レイエンダとかどうでしょう?

スポンサーリンク