優駿牝馬(オークス)2020予想-展開と馬場から

明日の牝馬クラッシック二戦目のG1オークスの展開と馬場からの考察を投稿します。予想通り桜花賞馬が人気を集めていますが馬場が大きく違うところをどうみるか。

展開から

逃げるのはスマイルカナなのでしょうが、どれだけのペースで逃げるのかが注目です。桜花賞では不良に近い重馬場にしてはかなり速いペースで逃げたわけですが、いきなりの4ハロンの距離延長を思えばペースは落とすだろうとみるのが妥当か。ただし落とし過ぎても終いでキレ負けするであろうことから、平均ペースで流れると考えます。

馬場から

土曜日芝のレースをみると府中らしく基本差し有利で準メイン/メインの主要レースで追い込み馬が勝っています。暫定馬場差は-0.4秒と計算されて先週、先々週と変わらないくらい。開幕数週の超速馬場からは相応にかかるとはいえ、そこそこ速い馬場です。ずっと天気は悪かったようですがこの週末は晴れで明日はもっと速くなるのかもしれません。帽子の色を見ると土曜日は橙が馬券に絡んでおらず桃も連対は一番人気のみでもしかすると外はよくないのかもしれません。

考察

人気馬はどうこう言える材料は上記からはないのですが、7枠8枠の先行馬を軽視するということが言えないか。それなりの人気のある馬を実名で言えばウインマリリン/サンクテュエールといったところ。いきなり後方待機されたらわからないですけどね…
あとあまり説得力はないかもしれませんが土曜日は1番の馬が芝の6レース中2勝3着2頭でデゼルが馬券圏内に来る可能性は高い…てことないかな?

スポンサーリンク

コメント

  1. マツケン より:

    いつも参考にしています。軸選びから紐もすばらしい。これからも続けて下さい。変な有料サイトより数段いいです。

    • awoni より:

      マツケン様、初めまして。コメントありがとうございます。
      もう7年近くも続けていますがあまり頑張りすぎないように続けていきたいと思います。有料サイトって見たことないのですけどどんなもんなんですかねぇ?