金鯱賞2018予想-展開と馬場から

初春の中京開幕週の古馬G2金鯱賞の展開と馬場からの考察を投稿します。
人気のうえでは二強ですがそれぞれ不安があるように思えます。

展開から

逃げ馬不在のうえ先行馬も少なく
どの馬が逃げるかはさっぱりわかりません。
ペースはとても速くなるとは思えず場合によっては超スローかも

馬場から

金曜日の時点では不良だった中京芝の馬場は
晴天で順調に回復し昼の時点で稍重まで回復しています。
今日も晴れで気温も高く良馬場でできるでしょう。
土曜日の芝のレースをみると逃げ馬が二勝で先行馬優勢。
差し馬は馬券に絡むものの勝ちきるまで入っていないという印象です。
勝馬は黒か赤の帽子で内枠の先行馬はいいかもしれません。

考察

サトノダイヤモンドがどの位置につけるかは難しい問題。
一昨年の有馬記念では速めのペースを先行していて
まさか逃げるとは思いませんがスワーヴリチャードよりは前にいるでしょう。
ただし、人気馬二頭でスローペースで後ろのほうに位置したりすると
前目の馬に残られて大穴が空く可能性があるのでは。
指数が高めで前目に位置する気になる馬というと
サトノノブレスとダッシングブレイズを挙げることができます。
来たらいい馬券になるでしょうから少し色目が出てしまうところ。

先日投稿の指数付出馬表はこちら

広告

スポンサーリンク