共同通信杯2018予想-展開と馬場から

今日のクラッシックに向けた注目の一戦共同通信杯の展開と馬場からの考察を投稿します。
こちらも頭数はやや寂しいですが、上位陣はかなりハイレベルではないでしょうか。

展開から

逃げるのはコスモイグナーツでしょう。
近二走は前半約-1.0秒(3ハロン換算、管理人調べ)の速いペースで逃げています。
今回も特に競る相手はいないと思いますが、それなりのペースにはなりそう。
大本命馬も先行勢にいるということで平均やや速めのペースを予想します。

馬場から

府中は土曜日に開催がなかったので傾向としては先週となりますが、
開催後半となり明らかに差し有利となっているように見えます。
馬場状態は現時点でもう良馬場です。
東京は未明まで雨が降っていたはずなのですが雨量は大したことなかったよう。
これからは晴れ予報のうえ気温も春なみに上がるようなので、
そこそこ乾いてくるのではないかと考えます。

考察

ペースも速めで馬場も差し馬場となりそうで、差し馬に注目したいところ。
ひとつ気になるのは府中の芝の馬場は
乾いていく過程で内が有利になるということ。
時間があれば午後の芝のレースはチェックしておいたほうがいいのでは。
このレースは三強と見ていますがそこからではゴーフォザサミットかと。
中段内目に位置して内をすくって伸びてくるなんてシーンをイメージしています。
ちょっと穴っぽいところではオウケンムーン
地味な血統ですがこちらも内差しを狙ってこないものか。

先日投稿の指数付出馬表はこちら

広告

スポンサーリンク
ブログ

ご支援のワンクリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ