チューリップ賞2018予想:展開と馬場から

土曜日阪神の牝馬クラッシック最重要トライアルチューリップ賞の展開と馬場からの考察を投稿します。
いつも豪華メンバーで今年からG2になりましたね。今年も主役級の二頭が登場です。

展開から

枠はまだ決めっていませんが逃げるのはサヤカチャンでしょうか。
この馬、前走は早めのペースで逃げて大敗しているのでどうなるかわかりません。
他の馬がいくとしてもペースが速くなるとは考えづらいです。

馬場から

先週の阪神の芝のレースをみると追い込みあり逃げありと両極端で方向感がありません。
基本差し有利かと思っていたのですが、日曜日の重賞は逃げ馬が勝ってしまいましたね。
水曜夜から木曜未明まで春の嵐でそこそこの雨量があったようです。
もしかすると土曜日のレースまで稍重くらいにはなるのかもしれません。
明日、明後日は晴れ予報なので今時点では決めつけられないです。

考察

基本はスローペースの決め手勝負になると考えています。
手ごろな頭数なので後ろのほうで不利云々ということもなさそうです。
指数的には二強なのですが決め手勝負とするならラッキーライラックで仕方ないか。
前走で勝負付けが済んだとも思えないのですが新馬戦で上り33.1を使った勝馬のほうが
今回も流れ的に頭では買いやすいという印象です。
ただし、お値段的には相当絞りたいところ。
ラッキーライラック – リリーノーブルを一着、二着固定で
三着に最大3頭くらいの三連単くらいを今のところ考えています。

指数付出馬表はこちら

広告

スポンサーリンク