NHKマイルカップ2016予想:指数から探す穴馬

明日のG1NHKマイルカップの指数から探す穴馬の考察を投稿します。
結構荒れるレースなのでヒモ穴で抑えてみたい馬を三頭ほど挙げます。

ブランボヌール
新馬勝ち後二戦目の函館2歳Sの指数が75という高いものになります。
ただしその後のレースではこれを上回る指数が出ていません。
今回のメンバーを見れば指数78でも出せれば充分馬券圏内なので、
二歳初夏に75が出ていれば充分可能性があります。
ディープ産駒なので府中1600mという舞台で一変はないか?
人気はすこぶる低く単勝70倍超、妙味あり過ぎです。

ハクサンルドルフ
平場500万下を勝ったばかりなのに意外と人気のあるこの馬。
その指数は74と密かにNZTを上回るレベルだったりします。
前走、前々走共に渋った馬場でのものでしたが今回はきっちり乾いた良馬場でできそうです。
アドマイヤムーン産駒は道悪苦手だと思うのでさらに上げてくれば充分馬券圏内です。
今のところは単勝30倍ちょっとで意外と売れているという印象ですね。

ストーミーシー
こちらも意外と印がついていて挙げるかどうか悩みましたが一応考察します。
前走のNZTは外回って斜行した挙句に実力馬ダンツプリウスのハナ差二着と
まともに走ったら今回は逆転すると思っている人が多いのでしょう。
そうすると力関係で充分買えるという話になるわけですが、
NZT自体が勝馬指数73とあまり評価ができないものではあります。
前述二頭より指数的に推せずあまり買う気はしていません。

広告



☆現時点での印