指数と予想スタイルについて

予想要素のなかから自分として重視している項目を
整理して考察してみました。

【自作スピード指数】
一番のメインはこれです。
ただし、これは過去の成績をあらわすもので
ずっと低い指数だった馬がハネ上げて
勝ってしまったなんていうことは日常茶飯事です。
取り扱いはまだまだ修行中です。

【展開】
かならずこれは考慮します。
スピード指数のおかげで過去のレースの
前半差が定量的にわかるようになったことも大きいです。
ペースから見て先行馬か差し馬有利かは
軸馬検討の最重要要素でもあります。
スローペースを予測して逃げ馬の穴馬を買うのも大好きです。

【コース適正】
指数と絡めて見ることが大きいです。
「この馬は前回福島で高い指数を出して好走したけど、
府中では全然だめ」みたいな感じです。
あと重賞の前年勝ち馬とかついつい買ってしまいます。
それでおいしい思いを何回かしていますし、
仇となって外すこともよくあります

【調教】
気にはしますが、自分にはわかりません。
他の条件がすべて同じ場合に調教の採点がいいほうを選ぶ程度です。
調教タイムは鵜呑みにできませんし、
走っている姿で感じるものはありますが、
それを馬券に活かすのは自分には無理かなぁという感じです。
あと、調教は前回とか前々回との比較が大事だと思うのですが、
それを見られる環境がないというのもあります(金払えばあるのか…)。

【パドック/馬体】
これも調教と一緒くらいです。
前回のパドックの様子とか好走時のパドックとかが
覚えているとかすぐに見られる環境がほしいと思うことはあります。
どちらかというとデスクトップ予想なので無理があります。
将来時間に余裕ができたらチャレンジしたいくらいに思っています。

【関係者コメント系】
あまり気にしすぎてはいけないものと考えています。
どの馬の関係者も好走してほしいと思っているわけですから
「今回は…」みたいなコメントが載っていても
でもやっぱり気にしてしまうんですけどね。

【サイン】
なんか矛盾するような気がしますが、
がちがちに理屈詰めではつかれるので、たまに遊びます。
馬券を買おうと思ってふとTVを見たら綺麗な女性の黄色い服が
眩しかったから5枠の馬からかっちまった…なんてこともあります。