CBC賞2018予想-展開と馬場から

今日の中京開幕週短距離ハンデG3 CBC賞の展開と馬場からの考察を投稿します。
この時期だけにそれほどいいメンバーとは思いませんがフルゲート18頭そろいました。

展開から

ワンスインナムーン、アクティブミノル、トウショウピストといった逃げ馬がいます。
一番速いペースで逃げた実績があるのはワンスインナムーンだとおもうのですが、7枠15番というかなりの外枠です。
したがってどの馬が逃げるか予測するのは避けますが、スローペースにはなり得ないと思います。
場合によっては超ハイペースになるかもしれません。
いまのところの一番人気、ダイメイフジは追い込み馬でこれはちょっとしたポイントになるか。

馬場から

開幕週の土曜日の芝の馬場は完全に差し有利に見えます。
エアレーション作業等で開幕週でもそのようになるのは最近の傾向です。
土曜日の暫定馬場差は-0.7秒で時計はかなり速いです。
今日の名古屋は晴れ予報で道悪の心配はなさそう。今年は早めに梅雨明けですかね。

考察

展開からも馬場からも差し有利で一番人気のダイメイフジには追い風か。
ただしこの馬最後方くらいに位置することを思うとフルゲート18頭は嫌な感じ。
イメージに一番合うのが中段前目くらいに位置する馬で
お姉さんのダイメイプリンセス、ペイシャフェリシタあたりが面白いか。

確定版指数付出馬表はこちら

広告

重賞の印はこちら
金曜昼過ぎには公開
指数上位
⑯ペイシャフェリシタ 82
⑨セカンドテーブル 80
⑫ダイメイフジ 79
⑦ダイメイプリンセス 78
⑧アレスバローズ 78
②トウショウピスト 77
⑩ナガラフラワー 77
各種ランキング参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ

にほんブログ村テーマ CBC賞みんなの予想へ
CBC賞みんなの予想
スポンサーリンク
ブログ

ご支援のワンクリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ