アルゼンチン共和国杯2017予想-展開と馬場から

明日府中の古馬ハンデG2アルゼンチン共和国杯の展開と馬場からの考察を投稿します。
今週は天気がよくて普通の予想ができるのがなんだかありがたいです。

展開から

逃げ馬は不在でスロー予想か。
何が行くのか?内に入ったマイネルサージュかな?
ちょっとスタミナに疑問符がついても決め手があればごまかしききそうです。

馬場から

土曜日府中の芝のレースをみると、
新馬戦で逃げ切り勝ちなどもありましたが比較的差しが届いているように思えました。
やはり道悪のなか競馬が行われていて時計もかかっていたという印象。
またオレンジまたはピンクの帽子で馬券になったのは二頭だけ
二桁馬番の馬では一頭だけという按配で枠的には内有利だったかもしれません。
お天気は全く問題なく良馬場でできそうです。

考察

以上から考察するに内枠の先行ができて決め手のある馬がいいかと思います。
推したいのは3歳馬セダブリランテスは一枠で先行できそう。
指数的には足りない馬ですが連勝馬はまだそこが知れていないということで。
穴っぽいところではしつこいですがカレンミロティック
こちらも先行できそうですし、前走は程よい負け方かもしれません。

先日投稿の指数付出馬表はこちら

広告