高松宮記念2018予想:穴馬候補

日曜日の春のG1二戦目、短距離の高松宮記念の穴馬候補の考察を投稿します。
未だ出走馬は未確定ですが三頭ほど挙げます。

ブリザード
最近はあまり海外馬の活躍はみられませんが、
昨年のスプリンターズSでは指数81が出ていて着差はわずか0.2秒
もう7歳なのであれから上積みがあるとも思えませんが、
二回目の日本で展開一つで浮上の可能性はないか。
近走の香港での成績はそうたいしたものではないのですが、
香港の短距離のレベルは高く、近年の日本のレベルはもう一つひとつ
馬券圏内なら十分可能性があると思います。

ダンスディレクター
こちらももう8歳なのですが、近三走は指数80前後で
やたらと安定していて馬券圏内というなら充分なもの。
えてして掲示板の下のほうで終わってしまうかもしれませんが…
7ハロンのハイペースで高指数が出ているので、
6ハロンであれば殊更にペースが速くなったほうがよさそう。
そう考えると今回はガンガン行きそうな逃げ馬もいないので
思惑通りに行くかは疑問ではあります。

ナックビーナス
一月のオープン特別勝ちの指数が81と高く前走は期待したのですが、
残念ながら2着であまり指数も高くありません。
逃げたときの指数が高く成績もいいので、
今回も積極的なレースを期待したいところです。
ネロをはじめとして逃げそうな馬は何頭かいますが、
うまく遅めのペースで行ければ一発あるかも。
netkeibaの予想オッズでは30倍近くありますので妙味は充分。

先日投稿の特別登録馬の指数はこちら

広告

スポンサーリンク
ブログ

ご支援のワンクリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ