高松宮記念2017予想-軸馬候補の考察

明日の短距離G1高松宮記念の軸馬候補を考察します。
混戦だけあって軸馬選びで難儀しています。
今のところの採用の可能性の高い順に記述します。

メラグラーナ
前走のオーシャンステークス勝ちの指数は78と充分な値。
遅めのペースを差し切ったのは殊更価値あるものとみます。
5走前の1000万下は同距離同コースで指数79とこれも後押し材料になります。
心配なのは雨で馬場が悪化した場合か。

ソルヴェイグ
昨年のスプリンターズSでの3着を評価。
前走は案外でしたが逃げたことが逆効果になったか。
今回もバリバリの逃げ馬はいないので気になりますが、
番手から進めていけるものと考えています。
土曜日の馬場をみると先行馬有利なのでその点も強調材料です。

シュウジ
前走がガッカリで少し人気を落としているようですが
二走前の7ハロンのG2で指数78で勝っているのは看過できません。
G1でも差のない4着ですから充分圏内か。
中京も2勝しているうえに先行するのもいいと思うので侮れません。

セイウンコウセイ
単勝一桁の馬の中では可もなく不可もない馬。
特にツッコミどころがないのですが初コースなのは減点か。
G1までくると格的に疑問アリくらいか。

レッツゴードンキ
近走では三走前の地方ダートを除けば指数77~79の高値安定
6ハロンという距離でどうなのかが正直分からないのですが、
折り合いに不安があると言われているだけにいいともいわれています。
ただ、近走の差してくる競馬で今回通じるかは微妙だと考えています。
勝つか負けるかというタイプだけに連軸には向かないか。

レッドファルクス
昨年のスプリンターズS勝馬で指数的にも文句なしなのですが、
香港での大敗帰りというのはいかがなものか。
現状の一番人気の妙味薄ということもあり軸にするつもりはないです。

昨日投稿の指数付出馬表はこちら

広告