金鯱賞2019予想-展開と馬場から

明日中京の古馬G2金鯱賞の展開と馬場からの考察を投稿します。たくさんのG1馬を押しのけて今のところの一番人気は上り馬エアウィンザーですね。

展開から

逃げるのはタニノフランケルでしょう。速めのペースで逃げる馬ではありますが、競りかける馬もいないので平均くらいのペースになるのでは。番手でも好走している馬ですが逃げで一発がありそうで怖い馬ではあります。

馬場から

春の中京開催開幕週ですが土曜日の芝のレースを見ましたが意外なほどに差し追い込み有利でした。帽子の色的には緑がなし、橙とピンクも少なく内有利かもしれません。これは引き続き日曜日も注視したいところ。
暫定馬場差は-0.3秒でそこそこ速いようですがひと月前の開催ではもっと速かったのでそれに比してはかかるようになっているか。問題は雨でレースまでに多くて10mmくらい降りそうです。稍重は必至で重になるかもしれません。

考察

差し有利の馬場とはいえ逃げるタニノフランケルには注意したほうがいいのでは。
有力馬の重の巧拙は不明で何とも言えないのですがやはりディープ産駒は減点なのでは?
道悪についてはリスグラシューが味方するような気がします。良績があるというほどではないですが、海外での好走などをみると明日の馬場にあいそうに思います。外枠が来るような馬場になっていけばここから勝負もアリか?

確定版指数付出馬表はこちら

スポンサーリンク