菊花賞2017予想-展開と馬場から

明日の3歳クラッシック最終戦15ハロンの菊花賞の展開と馬場からの考察を投稿します。
馬場云々より開催されるかどうかが心配になってきました。

展開から

ウインガナドルがいい枠に入って逃げ宣言をしているくらいで
この馬が逃げる可能性は高いでしょう。
もともとそれなりのペースで逃げ馬であることに加え、
クリンチャーやアダムバローズといった逃げたほうがいい馬というのもいますので
前半のペースはそう遅くはならないと考えます。

馬場から

土曜日の京都の芝の馬場はほぼずっと雨でしたが稍重から重になりました。
傾向としては基本差し有利なのですが時折いかにも道悪得意そうな逃げ馬が勝ったりもしています。
日曜日は台風の接近でかなりの雨量が予想されるので不良まで行くでしょう。
道悪得意な馬でも菊花賞での逃げ切りというのは考えづらく、
馬場的にも差し有利と見ていいと思います。

考察

不良馬場ではどのくらいがペースが速いのかがわかりづらいですが、
展開的にも馬場的にも差し有利ということでいいのでは。
穴馬候補でウインガナドルを挙げましたがかなり厳しいか。
そのほか緩い馬場ではスタミナが奪われるということで、
距離適性に疑問符の打たれている馬も減点したほうがよさそう。
具体名は挙げづらいですがやはりステイゴールド産駒は気になりますね。

先日投稿の指数付出馬表はこちら

広告