菊花賞2016予想:穴馬候補

今日の菊花賞の穴馬候補の考察を投稿します。
トライアル組が人気なわけですが別路線組は魅力的に思います。

レインボーライン
前走は古馬の強いところを相手に3着です。
何しろあの世界のモーリスに0.1秒差ですから弱いはずがありません。
春は短いところを使ってきたので距離不安はありますが
ステゴ産駒ですからそれほど心配しなくてもいいのでは。
現状のオッズは単勝20倍超で充分妙味ありです。

マウントロブソン
前走のパッとしない着順でだいぶ人気を落としていますが
G2勝馬で皐月賞もダービーも一桁着順一秒差以内で春から力を見せてきた馬です。
その間の指数はずっと80近くで充分高値安定といえるでしょう。
今のところの単勝オッズは50倍超でこれが絡んだらおいしそう。
ただ大外はやはり減点材料か。

ウムブルフ
前走の札幌1000万下長距離戦の指数が81と高評価、
前々走も77とこの二戦力をつけて連勝しています。
とはいえ前走は札幌の重馬場で指数の信頼性は今一つではあります。
逆に考えると軽い馬場得意のディープ産駒が
札幌の重馬場で高い指数を出したということは今回さらに上げてくるかも。
そういう理屈ならアタマまでと妄想してしまいそう。

広告