菊花賞2016予想-展開と馬場から

日曜日の菊花賞の展開と馬場からの考察を投稿します。
長距離戦だけに正直どうなるかわかりませんが一応考えてみます。

展開から
去年のリアファル、三年前のバンデといった長距離実績のある人気になる逃げ馬はいません。
確固たる逃げ馬というのもいないのでハイペースになるとは考えづらいですが
条件戦で長距離を先行して勝った馬はいますからスタミナを活かそうと考える騎手もいそう。
従って酷いスローにもならないかと思います。
とはいえ2000m以上での実績は欲しいところです。

馬場から
土曜日の京都の馬場は差し有利と見ました。
先週までは逃げ馬も残っていたように思えたのですがどうしたものか。
トラックバイアスというほどでもないですが結構外が伸びていたようです。
雨の心配はなく良馬場でできそう。

考察
二強に関しては2400mのダービーを好走している差し馬なわけで否定する材料はありません。
それなりの人気のある中から減点するとしたらエアスピネル
先行するにしても差しに回るとしてもこの馬には合わなそうで上位に来るイメージが沸きません。
人気薄からこれという馬をいえるといいのですが残念ながらピンときません。
強いて言うならレインボーラインとかどうでしょうか?

広告