菊花賞2015予想:穴馬候補

クラッシック最終戦、日曜日京都の菊花賞の穴馬候補の考察を投稿します。
筆頭にスティーグリッツといいたいところですが
穴馬とはいえないのでその他から3頭ほど採りあげます。

アルバートドック
休み前の白百合Sを指数78という高評価で勝っています。
その前の京都新聞杯も同じ指数でサトノラーゼンとは0.1秒差
ダービー二着馬とそう力の差があるとは思えません。

前走は休み明けで上りの競馬を後方からいってパッとしない着順でしたが
2400mの500万下も勝っていてスタミナはありそうです。
しかも京都は[2,1,1,0]とめっぽう得意

ジュンツバサ
前走でも穴馬候補で挙げましたが3着に頑張りました(ゴメンナサイ馬券は買っていません)。
根拠は前々走の500万下勝ちの指数77です。ちなみに前走は指数75。
父ステイゴールドというのもいいですね。

まだデビュー4戦ですから上がり目は充分ありそうです。
セントライト記念組は相性が悪いそうですが指数派は
そういうデータの裏をいってこそ回収率を上げられるのでは。

ワンダーアツレッタ
皐月賞後の条件戦4戦の指数が75~78と安定して高いのが評価点です。
距離もすべて2000m以上と距離的な不安は少ないかと思います。
斤量が近三走53~54kgでしたから今回57kgというのは少し不安。

ただしnetkeibaの予想オッズを見ると単勝17.5倍と意外な穴人気です。
妙味的には前述2頭に劣るような気もします。

先日投稿の指数付出馬表はこちら