秋華賞2018予想:穴馬候補

牝馬三冠の最終戦、日曜日京都のG1秋華賞の穴馬候補の考察を投稿します。
未だ出走馬は確定していませんが3頭あげます。

ランドネ
今年の紫苑Sは非常にレベルが高かったと思っていて
勝ったノームコアが出てきたら二冠馬を差し置いて
本命にしようと思っていたくらいです。
三着のこの馬も指数は84と高く
速めのペースを逃げて粘ったものですから価値もあります。
コース的にも逃げ馬は有利と思うのですが、
この開催京都は開幕週でもあまり逃げ残りはないようです。
ただし他に逃げ馬も登録していてどうなるか
番手でも相応の力は発揮するはずですが、
一発というならやはり逃げて欲しいところ。

パイオニアバイオ
こちらも紫苑S組ですが
ペースは速いのに前残りの流れでさしてきて4着それでも指数は84あります。
春のフローラS二着でも指数82が出ていて力は結構あるのでは。
ルーラーシップ産駒、母父ゼンノロブロイということでスタミナありそう。
例えばハイペースとなったときに展開の利を得て3着にくるようなタイプか

オスカールビー
前走の500万特別勝ちの指数が89とやたらと高いです。
ちょっと計算が正しいか心配になるくらいなのですが、
一頭だけ速いペースで逃げてちぎった内容は相応のものか。
まずは抽選でゲートに入れるかどうか?
予想オッズはえらいこっちゃという数字です。
同型の存在と使い詰めなど心配な材料はたくさんですが、
出てくれば大穴候補としてもいいのでは。

確定版指数付出馬表はこちら

広告

重賞の印はこちら
金曜昼過ぎには公開
指数上位
・ラッキーライラック 84
・アーモンドアイ 82
・オスカールビー 82
・パイオニアバイオ 82
・カンタービレ 81
・サラキア 81
・ランドネ 81
各種ランキング参加しています
にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ

にほんブログ村テーマ 秋華賞みんなの予想へ
秋華賞みんなの予想
スポンサーリンク
ブログ

ご支援のワンクリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ