根岸ステークス2016予想-穴馬候補

日曜日東京のダート重賞根岸ステークスの穴馬候補の考察を投稿します。
一番人気のモーニンは指数的にあまり推せないので高配当を期待しています。

シゲルカガ
指数的に推せる馬ではないのですが、
評価できるのは前々走でとんでもないハイペースを逃げて着外も0.3秒差。
前走は逃げられずにひどい着順ですが連闘で変わってくるか。
ただし前々走のハイペースの疲れが残っているとしたら連闘は逆効果かもしれません。
土曜の時点で重馬場でこの時期ならそれほど良くならず先行馬有利のままか。
それにしても人気ないですね。

レーザーバレット
近走は地方交流戦ばかりで指数が算出できないのですが、
一年前くらいに80超を出していました。
もう8歳ですが近走の実績はここでも通用するものでしょう。
このレースは地方交流戦からのローテーションは良績がないそうですが、
そのジンクスを打ち破ってほしいところです。

グレープブランデー
三年前のフェブラリーSから勝ち星がなくもう8歳になってしまいました。
いつ走るかわからないのでいつでもおさえておきたい類の馬で困ったものです。
昨年の夏も指数的には80弱が出ていてそれだけ出れば馬券圏内ではあります。
去年のフェブラリーSも二桁人気で掲示板ですから、
やはり府中のダートは走るのでは。