札幌記念2015予想:展開と馬場から

日曜日のG2札幌記念の展開と馬場からの考察を投稿します。
逃げ先行有利との見解で今のところの本命はトウケイヘイローなのですがどうなるでしょうか。

馬場から
今年の札幌の馬場は非常に速く一時期レコード連発でしたが
ここにきて少し時計がかかるようになってきています。
定量的に書くと芝の3ハロン換算の馬場差(管理人調べ)は
・8/1 -0.6sec
・8/2 -0.7sec
・8/8 -1.2sec
・8/9 -1.0sec
・8/15 -0.2sec
・8/16 -0.1sec
今週はCコースに替わるということで多少速くなることが予想されますが、
二週目のような高速馬場にはなりそうにないでしょう。
天気予報をみたところ雨はふらないようで道悪の巧拙は考慮に入れないでよさそうです。

先週の芝のレースをみたところ逃げ切りあり、最後方からの追い込み有で
妙に極端な傾向があるように思います。
どっちかというと前にいたほうがいいように見えました。

展開から
トーホージャッカル、ラキシス、ラストインパクトといった人気馬は
すべて中団から後方に位置しそう。
普通に先行馬有利か。

全般に先行馬が少なくトウケイヘイローのマークも甘くなりそう。
競りかける馬もいないようで楽に単騎逃げに持ち込めそうです。

考察
やはり週初めの構想の通り思い切ってトウケイヘイローから行きたいです。
馬場はともかく展開は明らかに有利か。
どちらかというと堅いレースですが狙っていきたいと考えています。