弥生賞2018予想-展開と馬場から

明日の中山皐月賞トライアルのG2弥生賞の展開と馬場からの考察を投稿します。
点数は相当に絞らないとダメそうですがどうしましょうか。

展開から
逃げた「ことがある」のがリビーリングくらいで、
基本逃げ馬不在の状況です。
頭数の10頭と手ごろですから後ろにいるからどうのこうのということもないか。
展開的には決め手勝負となる可能性が高いです。

馬場から
土曜日中山の芝のレースを見ると中山にしては差しも届いているという印象。
時計もあまり速いという印象を受けません。
最後の直線の最内は芝が剥げているように見えますが、
馬券になった馬は比較的内の馬が多くその枠はもう一つに見えます。
週後半は春の嵐でしたがすでに今日良馬場で
明日は暖かくなりそうで馬場は良さそうです。

考察
前日段階で単勝一倍台のダノンプレミアムですが、
この二戦は高い指数ですがいずれも速いペースでのもの。
今回と流れは違うということが不安になるかといえば、
瞬発力勝負得意のディープ産駒ですから殊更強い可能性もアリです。
気にしているのはサンリヴァル
前走はハイペースで先行して唯一掲示板に踏みとどまったわけですが、
今回はスローで指数をぐっとあげてこないものか。
同距離同コースの芙蓉Sを勝っているのも後押し材料です。

先日投稿の指数付出馬表はこちら

広告

スポンサーリンク
ブログ

ご支援のワンクリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ