宝塚記念2016予想-展開と馬場から

明日のグランプリ宝塚記念の展開と馬場からの考察を投稿します。
かなり悪いと思われていた馬場ですがかなり回復しそうです。

展開から

逃げるのはキタサンブラックかカレンミロティックか
天皇賞はスローだったという見方をする人もいますが
管理人の試算では-1.0秒(3ハロン換算)のそこそこ速いペース。
ただし緩急のない平均的な流れだったため数値的なペースほど消耗しなかったものと考えます。
今回も似たようなペースになると考えられて
人気のドゥラメンテは中団くらいからでしょうから、
有力馬が早めにまくってくるとは考えづらく
決してスローではないが先行馬に有利な流れとみます。

馬場から

土曜日の阪神芝コースは当日未明の大雨で朝は不良の発表でしたが、
1Rからすでに重まで回復していました。
日曜日は晴れ予報で少なくとも稍重、良まで回復してもおかしくありません。
重馬場の土曜日の芝のレースを見た感じは
逃げあり追い込みありであまり方向感のない様子で参考にできないか。
前週の傾向を参考にすればフラットな馬場ではないかと考えます。

考察

週初めから道悪適性に注目してサトノクラウンに注目していましたが水泡に帰す様相です。
展開的に先行有利ということで天皇賞春の連対馬はまた有利とも言えますが、
馬場がかなり違い別競技のようになっているので、負けた組にも要注意です。
道悪ではなかったと思うトーホウジャッカルが気になりだしています。
あと鳴尾記念と同じ馬場の似たような展開になりそうで、
連対した二頭とともに大外のヤマカツエースなんてどうでしょうか。
とはいえドゥラメンテは別枠です。本当に強い二冠馬であればこういう条件は無関係かも。

広告



スポンサーリンク
ブログ

ご支援のワンクリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ