安田記念2015予想:指数付出馬表

日曜日府中の安田記念の枠順が確定しています。指数付出馬表を投稿します。
ミッキーアイルいい枠に入りました。

安田記念(GI)2015.6.7 東京芝1600m 定量

枠番/馬番
馬名
騎手/負担重量
日付/レース名
着順/指数
馬場差/前半ペース
前走 2走前 3走前
1枠1番
サンライズメジャー
池添謙一 58
4.26読売マG2
2着/81
-0.9/+0.8
11.1スワンG2
2着/78
-0.3/+0.2
10.5ポート
3着/76
-0.6/+0.9
1枠2番
ダノンシャーク
岩田康誠 58
3.1阪急杯G3
5着/74
+2.5/-0.2
11.23マイルG1
1着/78
-0.5/-1.0
10.25富士SG3
7着/74
-0.5/+0.8
2枠3番
ダイワマッジョーレ
M.デム 58
5.16京王SG2
10着/72
-0.1/+0.7
3.29高松宮G1
6着/72
-0.1/+0.0
3.1阪急杯G3
1着/80
+2.5/-0.2
2枠4番
メイショウマンボ
武幸四郎 56
5.17ヴィクG1
17着/62
-0.6/+0.0
4.11阪牝SG2
13着/74
+0.6/+0.2
12.28有馬記G1
15着/66
+0.0/+1.3
3枠5番
ミッキーアイル
浜中俊  58
3.29高松宮G1
3着/80
-0.1/+0.0
3.1阪急杯G3
2着/80
+2.5/-0.2
12.27阪神CG2
7着/72
-0.1/+0.1
3枠6番
モーリス
川田将雅 58
4.5ダCTG3
1着/84
-0.6/+0.4
3.7スピカ16
1着/76
+0.5/+1.4
1.25若潮賞10
1着/76
-0.4/+0.7
4枠7番
サクラゴスペル
横山典弘 58
5.16京王SG2
1着/75
-0.1/+0.7
3.29高松宮G1
8着/70
-0.1/+0.0
3.7オーシG3
1着/77
+0.5/+0.4
4枠8番
レッドアリオン
川須栄彦 58
4.26読売マG2
1着/81
-0.9/+0.8
2.22洛陽S
1着/75
-0.2/+0.2
12.20リゲル
8着/53
+2.4/-0.4
5枠9番
リアルインパクト
内田博幸 58
4.6ドンMG1
2着/-
-/-
3.21ジョーG1
1着/-
-/-
12.27阪神CG2
1着/76
-0.1/+0.1
5枠10番
フィエロ
戸崎圭太 58
4.26読売マG2
3着/80
-0.9/+0.8
12.14香港MG1
6着/-
-/-
11.23マイルG1
2着/78
-0.5/-1.0
6枠11番
ブレイズアトレイル
ルメール 58
5.16京王SG2
4着/74
-0.1/+0.7
4.5ダCTG3
5着/76
-0.6/+0.4
3.15東風S
4着/76
-0.1/+0.6
6枠12番
クラレント
田辺裕信 58
4.26読売マG2
10着/75
-0.9/+0.8
4.5ダCTG3
6着/76
-0.6/+0.4
12.27阪神CG2
14着/69
-0.1/+0.1
7枠13番
ヴァンセンヌ
福永祐一 58
5.16京王SG2
2着/75
-0.1/+0.7
2.8東京新G3
1着/77
+1.2/+0.6
12.21元町S16
1着/68
+1.1/-0.5
7枠14番
サトノギャラント
柴山雄一 58
5.3谷川岳
1着/79
-0.2/+1.0
3.8大阪城
4着/68
+1.7/-0.5
2.8東京新G3
11着/71
+1.2/+0.6
8枠15番
ケイアイエレガント
吉田豊  56
5.17ヴィクG1
2着/80
-0.6/+0.0
1.24京都牝G3
1着/80
+0.1/+0.5
1.4中金杯G3
13着/70
-0.5/-0.3
8枠16番
カレンブラックヒル
武豊   58
4.5大阪杯G2
8着/62
+1.8/-0.4
2.22小倉大G3
1着/69
+1.0/-0.5
12.6金鯱賞G2
5着/79
-0.7/-0.7
8枠17番
エキストラエンド
蛯名正義 58
4.26読売マG2
4着/79
-0.9/+0.8
4.5ダCTG3
4着/77
-0.6/+0.4
2.8東京新G3
6着/75
+1.2/+0.6
にほんブログ村 競馬ブログ 出馬表へ
PDF版指数付出馬表
(福馬出馬表)
KLAN
最新の印はこちらから
にほんブログ村 トラコミュ 安田記念2015へ
安田記念2015

モーリスの前走は指数も84と非常に高くレースぶりも目を見張るものでした。
ただし府中実績がなくその前はそれほど高い指数でもなく
人気のことを考えると妙味薄で今一つ軸にはしたくない気持ちが強いです。

週はじめから本命にするつもりだったミッキーアイルですが、
展開や馬場のことを考えるとこちらもふんぎりがつかない状況です。
無難といえば平均的に指数が高いフィエロか。
そんなわけでまだ混とんとしている軸馬選びです。