天皇賞秋2017予想-展開と馬場から

今日の大一番、天皇賞秋の展開と馬場からの考察を投稿します。
雨量を見極めたくて当日の朝まで投稿を待ちましたがそれでもこの後どうなるのか。

展開から

逃げるのはロードヴァンドールか
単騎では行けると思うのですが、そもそもそれなりのペースで逃げる馬で
キタサンブラック、ネオリアリズム、ソウルスターリングといった
強力な先行馬がいるのでスローにはなりそうにありません。
案外ロードヴァンドールより内に入ったネオリアリズムが
ハナを主張することもありえることで、「この馬場」にしてはハイペース
となることも視野に入れる必要があるかも。

馬場から

現時点(朝8時ころ)で稍重ですが今後も間断なく雨は降り、
時には強めに降る予報なので重までには悪化すると思います。
ただ菊花賞のような酷い不良にはならないと思います。
土曜日の府中芝のレースは逃げ馬が4連対と意外なほど頑張っていましたが
馬場が大きく違う日曜日は参考にならないかもしれません。

考察

馬場がどうなるか正直わかりませんが、
基本差し有利ととらえてもいいと考えています。
道悪でペースも速めとすると距離的な不安を抱える馬は厳しいと思うので
サトノアラジン/グレーターロンドンといったマイルで良績を挙げてきた馬は厳しいか。
人気どころで一番向きそうなのはサトノクラウンなのですが、
そもそもがムラのある馬で軸にするには怖い馬ではあります。
穴っぽいところではレインボーライン
菊花賞2着でスタミナはあるしステイゴールド産駒の差し馬ということで
ペース次第で浮上する可能性を秘めていると思います。

広告

スポンサーリンク
ブログ

ご支援のワンクリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ