天皇賞(秋)2015予想-展開と馬場から

明日の天皇賞秋の展開と馬場からの考察を投稿します。
エイシンヒカリをどうしたらいいのかまだまだ楽しく悩めそうです。

今のところの本命はラブリーデイにしています。
最新の印と各馬の見解についてはKLANのページをご覧ください。

展開から
これはわかりやすくエイシンヒカリの逃げで、特に競ろうという馬もいないと思います。
この馬の逃げたペースは下記とおりです(管理人調べ:3ハロン換算)。
・三走前/都大路S:-0.8sec
・前々走/エプソムC:-0.9sec
・前走/毎日王冠:-0.4sec
というわけでほっといてもそこそこのペースで逃げるでしょう。
スローの瞬発力だけで勝ってきたような馬は割引したほうがいいでしょう。

馬場から
Bコースに替わった府中ですが今日のレースを見る限りでは差し優勢に見えました。
2歳の未勝利戦で逃げ切りがありましたが、前残りで穴があくようなことはなかったです。
エイシンヒカリを推す理由でBコースに替わって先行有利になる
という記述があったならその予想は疑ってかかるべきかと考えます。

考察
逃げたエイシンヒカリをイスラボニータ、ラブリーデイ、ディサイファあたりの
先行勢が負かしに行くと思いますので後半は殊更キツイペースになるか。
有力馬の中ではアンビシャスが有利ではないかと思い始めています。
騎手も来週から騎乗停止ですからここで稼がないといけませんしね。

そんなわけで穴をあけるなら差し追い込み。
エイシンヒカリが暴走しないとも限りませんので
スーパーハイペースを有力馬が追っかけて後ろにいた馬が…みたいな。
たとえば6枠の二頭なんか不気味だと思っています。

先日投稿の指数付出馬表はこちら