天皇賞春2017予想-展開と馬場から

明日の長距離G1天皇賞春の展開と馬場からの考察を投稿します。
ここまで距離が長いと正直訳わからないのですが…

展開から

ヤマカツライデンが逃げると思うのですが、
ペースを落とせばキタサンブラックがいってしまうので
スローになることはないでしょう。
実質的にペースを握っているのはキタサンブラックか
スタミナに疑問のある馬は狙いづらいところ。

馬場から

開幕した先週から今日までの入着馬をみたところでは
比較的差し有利という印象です。
逃げ馬は3着が精いっぱいで、追い込み馬もちらりほらりというところ。
先週の馬場差は平均よりやや速めくらいで昨年と同様です。
今日の関西地方は雷が鳴ってさっと雨が降りましたが馬場に影響はなさそう。
明日は一日晴れ予報で道悪は考慮する必要がなさそうです。

考察

中距離の決め手勝負得意の馬でも勝ち負けになることもありましたが
キタサンブラックの作るであろうペースではそうはなりません。
二強を疑う点はありませんが、それ以外からではアルバートか。
長距離重賞を連勝中で底力勝負になれば浮上します。
ゆうても勝つまでは厳しいとは思いますが…

先日投稿の指数付出馬表はこちら

広告