天皇賞(春)2016予想-穴馬候補

日曜日の伝統の長距離戦天皇賞春の穴馬候補の考察を投稿します。
上位陣の層は厚く付け入る余地が少なそうですがこの距離だけに何があるかわかりません。

ペースとか馬場とかいろいろ条件が必要な馬になりますが三頭ほど挙げます。

トゥインクル
道悪前提で推したいのがこの馬
前走3400mのダイヤモンドステークスでは発表は稍重でもほぼ主に近い馬場で圧勝です。
この時の指数83はかなりの高レベルもちょっと眉唾か?
今週の関西は木曜日まで雨予報も週末は晴れでさすがに乾いてしまうかな。

カレンミロティック
単騎逃げ濃厚で要注意です。キタサンブラックの出方が気になりますが
後ろを気にしてこの馬だけ平均、二番手以降は超スローみたいなペースになれば
穴をあける力はあると考えています。
前年の3着馬でその前年の宝塚記念で2着もありG1での穴馬という印象はつよいです。
ただしさすがに8歳で厳しいかもしれませんが複勝とかでどうでしょう。

アルバート
逆に流れてくれないと買えないのがこの馬
スタミナは充分ですが切れるタイプではないので
スローの上り勝負みたいになったらまず無理でしょう。
ステイヤーズステークスは強いレースでしたがそのあとはパッとしません。
それでも意外と人気になりそうで妙味は薄いか。

広告



☆現時点での印