大阪杯2016予想-展開と馬場から

日曜日のG2大阪杯の展開と馬場からの考察を投稿します。
11頭立ての少頭数になりましたが半数近くをG1馬が占める好メンバーです。

馬場から

先週の阪神の芝のレースを見た感じですが、
先行馬中心ですが逃げ馬が残って穴をあけるほどでもないと見えます。
基本フラットでどの馬が有利というほどでもないと考えています。

気をつけたいのは天気で予報では日曜日は雨。
いまからでは雨量は想像できませんが道悪の場合を念頭に置いたほうがいいか。

展開から

逃げるのはマイネルラクリマか
あるいは有馬記念のようにキタサンブラックが逃げるのかもしれません。
いずれにせよ速いペースで逃げる必要もないのでペースはスローか。
ただしキタサンブラックあたりは瞬発力勝負は避けたい意図があると思うので
スパートは早めにするのではないかと考えています。

考察

できるだけ前づけできる馬が有利とは思います。
有力馬の中ではラブリーデイ、キタサンブラックあたりが無難か。
どちらも斤量が58kgですね。

今のところの本命は叩き二戦目のアンビシャスに置いていますが、
あまり後ろのほうからいっては欲しくないところです。

ちょっと気になるのはマイネルラクリマ、
道悪得意ですいすい逃げた場合に斤量のキツイG1馬を尻目に
穴をあけるようなことはないでしょうか?

広告



☆現時点での印