京都記念2016予想-展開と馬場から

日曜日京都の古馬中距離G2京都記念の展開と馬場からの考察を投稿します。
年始から続く京都開催も終盤ですがどうなるでしょうか。

馬場から

京都の馬場は二週前に重馬場でレースをしたためか先週もそこそこ時計のかかる馬場になっています。
初回の開催は-0.1~-0.3の速めの馬場でしたが、先週は+0.1です(管理人調べ3ハロン換算)。
先週は最後方に近い位置から追い込みが決まったりで差しも届く馬場か。
なお、週末の関西は雨の予報で道悪の巧拙は念頭に置いたほうがいいでしょう。

展開から

逃げるのはスズカデヴィアスか。
単騎で行けそうなので先週のスマートレイアーみたいにまんまと…はちょっと厳しいか?
競らなければ比較的遅いペースで逃げた実績があるのでスローめの予想。
先行馬が有利になる可能性は高そうです。

考察

展開からと馬場からでは相反した結果ですが、
追い込み「も」届く馬場ということで先行有利と見ます。

上位人気が予想される中からではレーヴミストラル、タッチングスピーチは
あまりこの見解の結果からは推しづらいところです。
穴っぽいところで面白そうに思ったのがワンアンドオンリー
着順だけ見れば終わった馬のように見えますが指数はそこそこ。
このメンバーなら前目の位置がとれそうですし復活あるか?