京都大賞典2017予想-軽視馬考察

今日の豪華メンバーG2京都大賞典で軽視する馬の考察を投稿します。
それなりの人気でできれば消したいくらいの馬を二頭ほど挙げます。

スマートレイアー
指数的には三番手で最上位から1しか差がないのですが
展開から軽視すべきという結論になっています。
12ハロンはこの馬にはさすがに2ハロンくらい長すぎると思います。
スローペースで先行して距離適性はごまかせるのではと思っていたのですが、
問題は一番人気のシュヴァルグランの動き方。
この馬今回は乗り替わりでミルコになる(ユーイチどこいった?)のですが、
積極的に前をつぶしにかかるケイバをすると考えています。
となると瞬発力勝負でないと分が悪いスマートレイアーには厳しいレースになるのでは。
地力はあると思うので消すまではできず、3着付くらいでおさえるかもしれません。

フェイムゲーム
こちらは指数的に76/77くらいで頭打ちという理由で軽視します。
府中に良績が集中していてこのコースはあわないのでは?
7歳騸馬で、タマに激走するタイプだと思うのですが、
前走のG2勝ちで案外に人気を集めているのでできればおさえたくない一頭です。
基本この馬は消します。お金が余ったらちょっと買うかも。

先日投稿の指数付出馬表はこちら

広告