京都大賞典2017予想-展開と馬場から

明日月曜日京都の重要なG2京都大賞典の展開と馬場からの考察を投稿します。
日曜日の重賞は小波乱という感じでしたがどうなるか。

展開から

逃げ馬不在で何が逃げるか皆目見当つきません。
シュヴァルグランは前走逃げていますが、
うまくいったとはいい難いうえに人気で番手で控えるのでは
カレンミロティックかな?スマートレイアーかも。
いずれにせよペースは遅くなりそうです。

馬場から

土日京都の芝のレースをみると基本先行馬がきているか。
時々追い込み馬が突っ込んできたりするので
今一つ方向感が見えづらいのですが…
日曜日の時点で芝は良ですがダートが重ということもありやや湿っていたかも
月曜日は晴れなのでより速い馬場で行われると考えています。

考察

展開も馬場も先行有利ということですが、
一番人気のシュヴァルグランについて深読みをすると
二走前、三走前の好走は長距離を速めのペースで追走したもので
今回は逃げずとも決め手勝負にならないように早めにまくるなりしてくるのでは。
逆に相応の人気のスマートレイアーですが、
こちらは決め手勝負にならないと厳しい馬でこの二頭は両立しないと考えます。

先日投稿の指数付出馬表はこちら

広告