京都大賞典2016:穴馬候補

今日の京都大賞典の穴馬候補の考察を投稿します。
三頭に人気が偏っていますが休み明けだけに三頭で決まるとも思えません。

アドマイヤデウス
昨年冬のG2連勝の力を発揮できれば勝つ可能性すらあると思います。
同距離同コースの日経新春杯では指数83とかなりのハイレベル。
今年に入ってからの3走はパッとしませんが休み明けは苦にしないようで期待しています。
G1になると全然ですがG2ならあっと言わせる可能性は充分か。
今のところのオッズではG2二勝の実績の割には人気がなく妙味ありです。

ヤマカツライデン
逃げて勝った前走の指数が75ということでもうちょっと上げないと馬券にはならないレベルか。
キタサンブラックに早めに来られたりするとズルズルいきそうな気もします。
馬場的には先行有利ということもあり一角崩しという意味では最有力とみられているようです。
それなりに人気しているので馬券の買い方が難しいですね。

広告