京都大賞典2015予想-展開と馬場から

月曜日のG2京都大賞典の展開と馬場からの考察を投稿します。
ほぼスロー確実で展開は馬券のキーになるかもしれません。

展開から

逃げ馬はいません。
ニューダイナスティかカレンミロティックが押し出されてなのか
狙ってになるかわかりませんが逃げるのではないかと思います。

ラブリーデイ以外の人気馬は差し馬なので、
この逃げるかもしれない二頭は穴馬としても考慮したほうがいいかもしれません。
大逃げとかしてみても面白いと思うのですが、
どちらの騎手もそんなに思い切ったことをする人ではないような気がします。

普通に考えればスローの瞬発力勝負というのが結論でしょうか。

馬場から

京都の馬場はエアレーション作業をしたそうなのですが、
日曜日のメインはレコードと同タイムの決着で馬場は速いようです。
この作業の影響もいろいろなようで難しいですね。

ただし逃げ先行有利というほどでもなさそうで差しも決まっているように見えます。
土日で雨が心配されましたがもう大丈夫なようで良馬場でできそうです。

考察

有力馬の中で有利なのはやはりラブリーデイか
宝塚記念を勝った割には単勝はそれほど売れていないように思います。
確かに、どうしても信用しきれないところがありますね。

その他、逃げた馬には相応の恩恵が出てくるような気がするのですが、
意外な馬が狙っていく可能性も否定できないのでは。

その他面白いと思うのはフラーブライドで、
番手で競馬ができそうですし同距離同コースの日経新春杯で好走しているのも気になります。

先日投稿の指数付出馬表はこちら