京成杯オータムハンデ2017予想-展開と馬場から

今日の中山ハンデ重賞京成杯オータムハンデの展開と馬場からの考察を投稿します。
特殊なコースということで、この読みが当たるかどうかがポイントになるのでは。

展開から

ボンセルヴィーソとマルターズアポジーがどう出るか
枠が内なのは前者ですが、絶対的なテンの速さは後者にあるとみています。
結構競って相当なハイペースになる可能性もあり
穴をねらうとしたら差し馬からのほうがよさそう。

馬場から

土曜日中山の芝のレースをみたところ先行有利とみえます。
昨今の開幕週の馬場は案外に差しが決まるといわれていますが、
逃げ馬三連対でそのうち一番人気は一頭だけです。
もっともメインの重賞は差し決着ですし、
日曜日の芝のレースも確認のうえ慎重に見極めたいところです。
雨の心配はなく良馬場でできそう。

考察

馬場は先行有利とは言い切れないところですが、
展開的にペースが速そうということで差し馬から入るのが無難か。
指数最上位のグランシルクを軸に置くことが有力に考えています。
穴っぽいところではトーセンデューク、ウキヨノカゼあたりが面白そう。

先日投稿の指数付出馬表はこちら

広告

ご支援のワンクリックをお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ