京成杯オータムハンデ2015予想:展開と馬場から

京成杯オータムハンデの展開と馬場からの考察を投稿します。
意外と差し馬有利とみていますがどうなるでしょうか。

展開から

先行馬は多く有力馬も含まれるのですが逃げ馬がいません。
こういう場合序盤はスローでも早めにペースアップする
というのが理屈なのですが果たしてどうなるか。
結局関屋記念と似たような展開の予想になるのですが、
だからと言ってレッドアリオンから買うのも芸がないような気がします。

馬場から

土曜日の中山は開幕週の初日だというのに差し馬優勢でした。
逃げ馬は全然残っていませんし中団後ろめから穴をあけた馬もいます。

時計もそれほど速いようには思えないのですがどうでしょう?
JRAの馬場情報でエアレーション作業をしたとのことですが
そのために馬場が柔らかくなっているのかもしれません。

考察

いえることはこの時期のこのコースだからということで
内枠の先行馬を黙って買うわけにはいかないくらいでしょうか。

イメージ的にはスローからの決め手勝負になるといことで
前目につけられるディープインパクト産駒に注目しています。
具体的にはケイティープライドとエキストラエンドか。
どっちも中山実績がまるでないんですけどね。

先日投稿の指数付出馬表はこちら