ヴィクトリアマイル2017:展開と馬場から

今日の府中のG1ヴィクトリアマイルの展開と馬場からの考察を投稿します。
朝、7時時点の材料で書いていますのでその点留意願います。

馬場から

土曜日は10mm以上の雨が降り良で始まるも重にまでなりました。
日曜日は晴れ予報も良まで回復するかは疑問です。基本稍重くらいか。
忘れてならないのは府中の芝は乾く過程で内有利になるという定説。
直近の芝のレースには注視したいです。
どれだけ参考になるかは不明ですが土曜日の傾向は逃げあり追い込みありの極端な感じ。

展開から

逃げ馬不在ですがG1だけに単純にスローになるとも言いきれません。
普通に考えるとスマートレイアーがスローに落とす予想なのですが
昨年はレッドリヴェールに行かれて意外と速いペースになりました。
馬場のことも騎手の意識の中にあると思いますので
そう思惑通りスローにもならないような気もします。
一頭ひっかかるのはレッツゴードンキ
近走は後ろからいってうまくいっているうえに2ハロン延長したわけで
今回も後方で我慢すると思うのですがペースを乱すことをしかねないと警戒しています。

考察

ペースが速くならない前提で先行馬の内有利というのが一般的な考え方になると思います。
具体的な馬ではスマートレイアー、ジュールポレール、ソルヴェイグの三頭
クイーンズリング、オートクレールも馬場の有利さを享受できる可能性ありです。
上位人気馬は展開や馬場の不利を跳ね返すだけの実力があるのですが、
上記馬はぜひおさえておきたいと考えます。

先日投稿の指数付出馬表はこちら

この記事を書くにあたり参考にしています。
JRA-VAN Data Lab.用ソフト「今日の傾向チェッカー」

広告