ヴィクトリアマイル2017予想:穴馬候補

日曜日府中の古馬牝馬マイルG1ヴィクトリアマイルの穴馬候補の考察を投稿します。
上位人気馬の層は厚いですが一発ありそうな馬を三頭ほど。

ソルヴェイグ
基本7ハロン以下に良績が集中して桜花賞もブービーということで距離不安は否めません。
ただし今回は逃げ馬不在でスローの上り勝負になれば先行できそうなこの馬にもチャンスはあるか。
年明けの近二走はガッカリですが、昨年はG1で3着があり指数的にも80弱で遜色ありません。
関東圏の経験が少ないとか今の馬場がどうかとか不安点をあげたらきりがないです。
またダイワメジャー産駒だけに道悪になったら特注です。
とはいえ土曜日雨予報もこのレースが重、不良まで悪くなるとも思いませんが…

オートクレール
まだ準オープンの身分ですからこれは大穴候補です。
根拠となるのは前走の指数76および三走前の指数77
いずれも準オープンの二着ですが特に三走前は同距離同コースです。
スローペースでのものなので一般には時計的に評価されないはずですが、
脚質的にもある程度向くはずです。
まだ4歳ですから変わり身も見込めるのでは。
さすがに勝ちきるまでは厳しいと思いますので複穴くらいでいかがでしょう。

クリノラホール
重賞ではいかにも力不足という感じですが条件戦を連勝中の指数は侮れません。
前走は休み明けと道悪のせい(こちらもダイワメジャー産駒ですが…)ということにして、
前々走も着順こそ二桁でしたが差は0.4secと大負けはしていません。
休み明けを叩いて一変ということになればこちらも馬券圏内くらいならなんとか。
左回りで勝ち鞍はあるものの関東圏が初めてというのは不安ではあります。

広告



スポンサーリンク
ブログ

ご支援のワンクリックお願いします

にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ